歯周病予防

歯周病は予防が大切です


歯周病は、歯とその周囲の組織に影響を及ぼす炎症性の疾患であり、歯肉炎から進行して歯を支える骨や組織が損傷する場合もあります。

歯周病は進行すると全身の疾患にも悪影響を及ぼす可能性があります。また、進行が止まらないと歯を失ってしまう可能性があります。

プラークコントロールについて


歯周病は、歯と歯茎の周囲の組織に起こる細菌感染症であり、進行すると歯を失う原因となる重篤な疾患です。歯周病の主な原因は、プラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の付着した膜です。プラークは歯の表面に付着し、歯周ポケット(歯茎と歯の間の隙間)内にも形成されます。

歯周病の予防において、プラークコントロールが非常に重要です。プラークコントロールとは、プラークを除去し、形成を防ぐことで、口腔内の環境を清潔に保つことを指します。

歯周病予防のためのプラークコントロール方法


ご自宅でのセルフケア

歯磨き


歯周病予防の歯磨き

歯ブラシを使って、歯の表面や歯茎周辺のプラークを除去します。歯ブラシの毛先が歯茎に沿って入り込むようにし、優しくブラッシングすることが大切です。

  • 歯ブラシを45度の角度で歯茎と歯の境目に当て、やさしくくるくるとブラッシングします。
  • 歯の表面や噛み合わせの面もブラッシングします。
  • 歯と歯茎の境目にある歯周ポケットの掃除も行いましょう。この際、毛先の細い歯ブラシで優しく磨くと良いでしょう。
  • 歯の内側や舌側の面も忘れずにブラッシングします。

デンタルフロス


デンタルフロス

デンタルフロス歯は、歯と歯の間のプラークを取り除くのに役立ちます。歯ブラシだけでは届きにくい場所に効果的です。

やり方がわからない場合や不安な方には、歯科医師や歯科衛生士が使用方法についてご説明いたしますのでご相談ください。

口腔洗浄剤(マウスウォッシュ)


口腔洗浄剤を使うと、口腔内の細菌の数を減らし、プラークの成長を抑えることができます。

ただし、口腔洗浄剤だけでプラークが完全に除去されるわけではなく、歯磨きやデンタルフロスと併用することが効果的です。

歯科医院でのケア

歯周ポケットの測定


歯周病の進行具合を把握するために、歯周ポケットの測定が行われます。歯周ポケットは歯茎と歯の間の隙間であり、その深さが歯周病の進行具合を示す重要な指標となります。適切な治療やケアプランを立てるために、定期的な測定が必要です。

定期的な歯科検診とPMTC


歯科医院で定期的な検診とPMTCを受けることは、歯周病予防に非常に重要です。歯科医師や歯科衛生士が専門的な機器を使って、プラークや歯石を除去します。特に歯周ポケット内のプラークや歯石は、普段の自宅ケアではなかなか取り除けないため、定期的なクリーニングが必要です。

藤本歯科医院ロゴ

〒421-0122

静岡県静岡市駿河区用宗4丁目6-24

054-256-0418

診療時間
9:00〜12:30
14:00〜19:00

▲17:00まで診療

【休診日】

日曜日、木曜日